モーティブ通信

vtrmorita.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 14日

冬の星空~夜明け

連休疲れで夕方バタンと布団に倒れこんで、気づいたら夜半過ぎてました。
窓の外を見ると、星がきれい。

と言うわけで、女の神展望台にデジ一と三脚持って出かけました。
d0059441_13325587.jpg
八ヶ岳から登るオオイヌ座(だと思う)、明るい星はシリウスかな?
d0059441_13554011.jpg
構図が斜めですが。八ヶ岳とオオイヌ座とオリオン座(一番上に写っています)。もうちょっと左に振れば冬の大三角が入ったかな?
k-mでの星の撮影は初めてだったのですが、液晶のバックライトが明るすぎてファインダーが見えないけど、手探りで表示を消すスイッチが押せなくて・・・みたいな感じで手こずりました。シャッターボタンも手押しだしセルフタイマー使えば良かったのですが。設定も工夫して次回はもう少しちゃんと撮りたいと思います。てかレンズ欲しい・・・。
d0059441_1537844.jpg
場所を移してトキンの岩の上。まだ真っ暗です。明けの明星が輝いています。寒風に耐えて暫く待ちます。といっても、気温は5℃位と晴れた割には暖かでした。
d0059441_1573831.jpg
明るくなってきました。左側が浅間山です。真ん中は佐久平(盆地の事を長野県では平と言います)、雲海に覆われていますね。
日の出状況の調査のつもりでしたが、残念ながら日の出の瞬間は雲に隠れて見えそうにありません。
d0059441_1583952.jpg
こんな場所で、しかも岩の上に浮き砂利が乗っている箇所が多く、滑りやすいです。普通の人は夜に登ってはいけません。自分はもう昼に何回も登って、安全に登れるルートも確立しているから大丈夫ですが。
d0059441_15101993.jpg
下手に滑ったら数十メートル滑落してクレヨンしんちゃんの作者の方のようになりそうです。昼間に気をつけて登れば安全な場所なんですが。
d0059441_15121383.jpg
蓼科スカイラインを見下ろします。朝焼けを浴びて、次第に森が輝き始めました。白い幹は、亜高山帯を代表する落葉樹、ダケカンバ(白樺の仲間で幹が黄褐色)ですね。紅葉中です。
d0059441_15144572.jpg
左側が乗鞍岳、真ん中が焼岳、右側が穂高連峰(奥穂高など)です。一番右端に槍が写っています。まだ冠雪していないようです。(今年は冠雪が遅め)
d0059441_1516324.jpg
日の出時刻から暫く経って、雲の上から太陽が顔を出しました。
d0059441_15181889.jpg
白馬岳が冠雪していました。左隣の鹿島槍や爺が岳はまだのようです。左端ギリギリに写っている冠雪した山は立山です(多分)。やはり富山側は冠雪が早いですね。
この時期、北アルプスは北側から冠雪していきます。次の寒気で、三千メートル級は軒並み冠雪するかな?
d0059441_15392548.jpg
雲海の上に浮かぶ浅間山。

別にトキンの岩に登らなくても、県道40号線沿いの望月第二牧場の駐車場から、こんな景色を見ることが出来ます。雲が出来ているということは、空気が冷やされているということです。日が昇って温まってくると雲海も消えていきます。多分、予想ですが、この雲海は8時位までは持続したと思います。そんな早起きしなくても雲海は見れますよ!

というか、もし歩いて登って夜明けの景色を見たければ、多分、高ボッチ山頂、ビーナスラインの美ヶ原の牛伏山あたりがいいかと思います。LEDヘッドライトは必携です。トキンの岩は5分で登れますが危険なので地元民向けですね。
[PR]

by vtrmorita | 2009-10-14 15:20


<< 八ヶ岳の紅葉の帯      天高く牛肥ゆる秋 >>