2005年 10月 20日

大河原峠と春日渓谷の紅葉

大河原峠、トキンの岩、春日渓谷、蓼科スカイラインの紅葉を訪ねてみました。
d0059441_036595.gif


d0059441_18491766.jpg林道夢の平線で女神湖から大河原峠に向かいました。林道夢の平線は2車線の適度なワインディングです。現在は大河原峠以東が舗装工事中通行止めなので、閑散とした中を気持ち良く走ることが出来ました。

d0059441_1941920.jpg御泉水自然園・蓼科山登山口を過ぎると、道は1.4車線位の狭い道になります。ところどころ路肩が陥没していますのが、転落したら百メートルは落ちそうな崖ばかりですので、慎重に走ります。

d0059441_1985594.jpg大河原峠の少し手前にあるのがトキンの岩です。

d0059441_19105960.jpg巨大な岩山を3分程上ると、頂上です。小さな祠があります。

d0059441_19143570.jpgここから眺める風景が素晴らしいのです。浅間山、戸隠、妙高、美ヶ原、北アルプス・・・。

d0059441_1916651.jpg見下ろすと・・・凄い高所感!

d0059441_19172978.jpgトキンの岩の全景がこれです。

d0059441_19232327.jpgバイクに戻って数分走ると、標高2090メートルの大河原峠に到着です。

d0059441_19271212.jpgここも展望はいいのですが、夏場に霧が多いのが難点かな。東から湿った空気が入ると、蓼科山を吹き上がる過程で濃霧になってしまうのだと思います。景色を見に来るなら、紅葉の頃がいいかもしれません。
さて、眼下に広がるのは紅葉の名所として有名な春日渓谷です。このまま鹿曲川林道を下っていきたいところですが、残念ながら工事中で日曜日以外は通行止めでした。一旦引き返します。

d0059441_2355117.jpg


d0059441_19322559.jpg林道唐沢線で春日温泉へ下りました。この道が意外に走りやすくて、道幅こそ1.4車線と狭いですが、舗装が新しくてカーブも少なく、道路脇の草木も刈られていて、スイスイ走る事が出来ました。元有料道路である鹿曲川林道より良かったのは、ちょっと意外でした。

d0059441_19355189.jpg春日温泉まで下ったら、今度は、鹿曲川林道で春日渓谷目指して上ります。鹿曲川林道と林道唐沢線は、ごく近いところを平行して走っています。ほぼ同じところを1000メーター以上アップダウンするわけで、チョイ面倒ですしガソリンがもったいないです。

d0059441_2350555.jpg道は狭くて舗装ボロボロ。路面には濡れ落ち葉が敷き詰められていて、滑ります。

d0059441_23122717.jpgでも登るに従って素晴らしい紅葉が展開していきます。これは、結構凄いですよ。春日渓谷は一見の価値ありだと思いました。特に狭路好きの人にお勧めしておきます。

d0059441_23573954.jpg登りつめると、蓼科仙境都市です。中心となるホテルは立派ですが、周囲の別荘は廃墟同然。スキー場もつぶれてしまいましたし、バブルの遺産ですねえ。ここは夏に霧が出やすいというのが、難点だと思います。

d0059441_23583571.jpg仙境都市周辺の道がまた凄く荒れています。舗装路なのに、時速20キロ位しか出せません。ただ、現在の工事が終わると、いい道に生まれ変わるかも?

d0059441_002040.jpg仙境都市を過ぎると、蓼科スカイラインです。

d0059441_01665.jpg視界の良い尾根筋を走る素晴らしい道です。しかも交通量は極僅か。佐久平目掛けて降りていきます。

d0059441_02216.jpg下のほうは樹林帯に入ります。まだ緑が一杯で、気持ちのいい道でした。

女神湖からこのルートを辿って佐久市まで3時間ほど。最短距離を行けば1時間弱ですから、ちょっと時間かかりすぎのような気がします。

大河原峠付近の工事は今年中には終わるようですから、来年には林道夢の平線と蓼科スカイラインが繋がって、いいツーリングルートになるかもしれません。
また様子をみて、レポしていきたいと思っています。
[PR]

by vtrmorita | 2005-10-20 18:46 | 信州紅葉


<< 白糸の滝と白糸ハイランドウェイ      蓼科周辺の紅葉 >>