モーティブ通信

vtrmorita.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 10日

蓼科スカイライン 秋の通行止めとトキンの岩

少し時間が空いたので、蓼科スカイラインに行ってみました。
んー、このルートはこのブログで結構取り上げてますね。ビーナスラインほどのダイナミックさはありませんが、自分にとってはお手軽な散策コースとなっています。モーティブからだと標高1700~1500~2000メートル位の蓼科山の中腹をグルッと回り込む形となります。わざわざ平地に降りなくて済むので気軽な感じがします。道も空いていますし。
d0059441_14262144.jpg
大河原峠まで通行可能。つまりその先は通行止めなようです。

d0059441_1425894.jpg
迂回路が分かり難いですが、要は平地まで降りて国道を使って下さいということのようです。

d0059441_14243949.jpg
蓼科スカイラインの女神湖~御泉水自然園(ごせんすい)~蓼科山登山口駐車場~数キロは2車線快走路です。
d0059441_1455082.jpg
その先は1.5車線の長い長い舗装林道となります。多少路肩が落ちたり穴が開いていたりもして所要時間は、かなーりかかりますが、まあまあ快適に走ることが出来ます。
d0059441_1473815.jpg
大河原峠の手前3kmくらいのところに、トキンの岩があります。
d0059441_1483099.jpg
岩の上までは徒歩3分ほどですが、お手軽な割には絶景が拡がります。程良いアトラクション感がいい感じ。実は岩全体は高さ百メートル規模の巨大なもので、道路が頂上直下を通っているから手軽に登る事が出来るのです。その状況を利用しない手はありません。
d0059441_14465256.jpg
登るにつれて視界が開けていきます。北アルプス~北信~浅間~上越~妙義の山並みまで、広大なパノラマ風景が拡がります。
d0059441_1495590.jpg
頂上には小さな祠があります。
d0059441_14124562.jpg
浅間山を正面に眺めます。開放感抜群!誰も来ないし、いいところだなー。
d0059441_14515495.jpg
さて、十分のんびりしたので、バイクに戻りましょう。ここを降りていきます。写真だと大変そうに見えますが、大した事はありません。いや本当ですよ!写真左上に見えている道路まで3分位で降りることが出来ます。

d0059441_1532866.jpg
トキンの岩の問題点は、場所が分かり難い所です。看板はペンキが剥げ掛けたこれだけ。大河原峠方面から来るとこの看板が見えますが、女神湖方面からは看板すら見えません。
d0059441_14144026.jpg大河原峠駐車場まで来ました。まだ夏山登山シーズンなので登山客の車が結構あります。

d0059441_1415508.jpg
大河原峠からの景色も良いです。トキンの岩の上ような特別な開放感はありませんが、景色と高所感は同等レベルでしょう。
d0059441_14163693.jpg
蓼科スカイラインはこの先通行止めでした。10月末まで舗装工事をする予定のようです。
d0059441_14182558.jpg
Uターンして女神湖方面に引き返します。途中、こんな看板が有りました。
今まで蓼科スカイラインといういと凸凹区間が有名でしたが、改良工事も今年で一段落しそうですし、そろそろスカイラインも観光路線として本格稼働する時期に来ているのかもしれません。
来年からは、大型のオンロードバイクでも、そこそこ快適に走れるのではないでしょうか。(但し車高の低い車はつっかえるので不可です)
[PR]

by vtrmorita | 2008-09-10 13:59


<< 女の神展望台から望む八ヶ岳と、...      梅雨の晴れ間の霧ヶ峰 >>