2008年 11月 14日

北アルプス展望台巡り その1 アルプス公園展望台

最近、アルプスの展望に凝っています。いや だって、凄い迫力ですからね。
今回は松本市内の「アルプス公園」「城山公園」「芥子坊主公園」を訪ねてみました。
d0059441_02307.gif

早朝諏訪ICを出発し、通勤割引を利用して松本ICへ向かいます。塩尻峠を越えると、北アルプスが見えてきました。
松本市中心部方面が朝のラッシュで渋滞していたため、一端R19で北上し、北側から市内へのアプローチすることにしました。
d0059441_21224051.jpg
松本トンネル料金所の脇を右折し、急坂を登っていきます。
快晴のはずが、松本市内は思いっきり霧の中でした。あれれ、こんなハズでは・・・。
d0059441_21245335.jpg
登るにつれて、段々空が青くなってきました。霧の上に出れるかも!
(料金所のすぐ上にもアルプス公園の北入口がありますが、ここからだと一時間程歩かなければならないのでスルーしましょう。アルプス公園ってメチャ大きいのです。)
d0059441_2282896.jpg
霧の上に出ました。松本市アルプス公園南入口の無料駐車場に到着、広大な公園の中に展望台が見えます。
d0059441_23434582.jpg
松本市山と自然博物館です。(長野高速を走っているとこの展望台がやけに目立って見えます。)
博物館は300円で展示はまあ普通でした。5Fの展望台のみ無料で入ることが出来ます。
営業時間は9時~16時30分、月曜定休です。
d0059441_2351153.jpg
エレベーターで5Fに上がると・・・
おおっ!雲海が広がっています。先ほどまであの雲海の下に居たわけですねぇ。
展望台は5階ですが小高い丘の崖っぷちに立っており、眼下を流れる犀川との比高が200メートル位ありますので素晴らしい見晴らしが得られます。
(展望台の標高が770m、松本市庁の標高が592m)
d0059441_2345569.jpg
正面は松本から最も良く見える山、北アルプスの常念岳です。この時期はまだ未冠雪。というのも、常念岳の裏(西側)には穂高連峰~槍ヶ岳がありまして、雪はそちらに降ってしまっているからなんですねー。
(ということは、この展望台からは穂高連峰や槍ヶ岳がほとんど見えないということです。)
d0059441_23564563.jpg
大町から白馬にかけての爺が岳、鹿島槍、白馬の山々は冠雪していました。

アルプス公園の展望台はガラス張りで、残念ながら外には出ることが出来ません。高層ビルの最上階のようなパノラマを望む事ができますが、開放感という点ではイマイチかな。

次は、近くの城山公園展望台に行ってみましょう。標高は少し下がってしまいますが、あちらはオープンデッキのハズ。(その2へ続く)

その1アルプス公園△ その2城山公園◎ その3芥子坊主公園△ その4高ボッチ◎ その5光城山△ その6長峰山◎
北アルプスの眺め方一例

(注)地図については、自分の頭の中の地図(=記憶)を元に描いていますので、テキトーです。マップル等と照らし合わせてご利用ください。
[PR]

by vtrmorita | 2008-11-14 21:26


<< 北アルプス展望台巡り その2 ...      晩秋のビーナス雲海 >>