モーティブ通信

vtrmorita.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ビーナスライン( 32 )


2005年 05月 27日

露天風呂で新緑を愛でながら、のんびり過そう

d0059441_16373632.jpgビーナスラインも、緑のトンネルが出来るようになりました。
標高1000メートル以下は盛夏の勢い、1500メートルは初夏の装い、1700メートルは柔らかい若葉が芽吹いています。


d0059441_16384318.jpg 蓼科湖まで下りてみました。北八ヶ岳の横岳が、大きな壁の様に立ちはだかっています。今日は晴れですが、霞みがかかって、ちょっと残念。それでも大迫力です。


d0059441_16402266.jpg
蓼科湖から秘密の小径を通って、(凄く狭い道なので、あえて紹介しませんけど)


d0059441_16413836.jpg
小川のほとりにでると、そこが石遊の湯です。

d0059441_16442844.jpg
日帰り専門の温泉です。旅館の温泉だと、受付時間が限られていたりと、多少気を使ってしまう場合もありますが、ここは日帰り客だけですから、気兼ねなくいつまでも入っていられます。外には無料の休憩所もあります。

d0059441_16502266.jpg
露天の外にはベンチが置いてあって、裸のまま森林浴している方も多いです。熱くなったら、外のベンチで休んで、暫らくしたらまた入る。みなさん、そんな感じで一日を過しています。


d0059441_16514267.jpg

鮮やかな緑を眺めながら、のんびりのんびり。

ここの湯は、成分総量3935mg/kgという濃い温泉を、ラジエターで適温に調節しています。といっても、湯はほぼ無色透明で、まろやかな感じ。のんびりいつまででも入っていられそう。

皆さんも、緑のなかで、のんびりとした休日を過してみませんか。

~ ここですかさず宣伝!~
それには、ロッジモーティブに泊るのがいいですよ!

土曜日の午前中、ゆっくり家をでて、蓼科についたら石遊の湯にゆったり浸かり、
(温泉浸かった後、200キロも走って東京に戻るのは眠いし疲れますから)
夜はロッジモーティブに泊るのがお勧めです。朝、ウグイスの囀りと共に目を覚まし、ちょいとビーナスラインを流せば、素晴らしい休日になることでしょう。

d0059441_17304028.jpgそうそう、石遊の湯の場所ですが、R299を茅野から登ってきて、橋を渡って1分程で左に看板があります。R299を下る場合は、写真の蓼科ハーブ園の看板の有る交差点を右折し、あぜ道30秒走ってもう一度右折です。このURLを参考にしてください。
http://www.geocities.jp/thkyd/motive/map/onsenforprint.htm
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/rmorita/
[PR]

by vtrmorita | 2005-05-27 17:37 | ビーナスライン
2005年 05月 19日

ビーナスラインから眺める快晴の八ヶ岳

d0059441_0103075.jpg朝起きると、窓の外が白く輝いているのが判りました。
こういう日は、視線を外に向けなくても、なんとなく山が輝いているのが判るのです。
お客様を送り出して、早速お出かけです。
スズラン峠を越えると、北アルプスが白く輝いていました。


こ、これは凄いや!あの白く輝く峰まで行ってみよう・・・。
ガッシャン、ズザァァァーーーー。
コケました。空見てるからだって・・・。
(白樺2in1スキー場手前のロングストレートで、路面の穴に落ちました)

大きな声では言えませんが、時速80キロ位から全く減速しないままコケまして、
ズボンもジャケットも、ブリーフまで(笑)ボロボロ。こ、恐かった。

d0059441_0121686.jpgそれでも、コケたまま終わってしまったら、一日が勿体無いです。
止血して、アルトに乗り換えて、再出撃。(事故のショックで痛みが判らなかったらしい)
八ヶ岳の素晴らしい姿をカメラに収めたものの・・・


夕方から七転八倒の苦しみ。肋骨にヒビが入っていた模様。
翌日医者に駆け込みました。
あれから3日経ちましたが、まだ痛いてす。トホホホホ
d0059441_012466.jpg

[PR]

by vtrmorita | 2005-05-19 00:07 | ビーナスライン