カテゴリ:ブログ的?( 12 )


2009年 06月 12日

サラダ街道とアルプス山塊の際を行く 1 清水高原と唐沢蕎麦集落

d0059441_23573699.jpg
日本アルプスサラダ街道は松本盆地の西の縁を走る県道、広域農道群です。アルプスグリーンロードとセットで塩尻から上高地方面への抜け道としてよく利用されています。
R158を突っ切って北上し、安曇野アートラインに繋いで大町へのアクセスにも使えますが、時間もかかりますし、集落の中を抜ける事が多く、凄い爽快な道という訳でもありません。のんびり一日かけて安曇野を探索するにはいいでしょうけど。
サラダ街道の地図 サラダ街道のHP
d0059441_23543865.jpg
スタート地点はここ、R19を塩尻から木曽方面に向かうと標識が出ています。
d0059441_0395869.jpg
最初はアルプスグリーン道路との供用区間。周囲はほぼ果樹園。秋に走るとリンゴが美味しそうな道です。
d0059441_002142.jpg
とはいえ、さほどのんびりした道ではなく、ジャスコの大型店もあります。

今回はサラダ街道と安曇野アートラインで松本盆地と北アルプスの境を探索してみました。
d0059441_024996.jpg
まず訪れたのが清水高原です。入口にあるのが唐沢そば集落。通り沿いには蕎麦屋の看板が立ち並び、十件余の農家型蕎麦店がひしめいています。
観光地型蕎麦屋というと、手打ちだかなんだか知りませんけど、二皿千円で、おやつにしかならない量だったりします。

・・・ていうか、蕎麦手打ちなんて大変でしょ、何百人分なんて重労働、機械で打って機械で切れよ、その方が合理的ジャン、って、私なんか思うわけです。じゃあ機械打ちがそんなに不味いのかというと、そんな差が出るとは思えない訳で。手打ちなんて付加価値、貧乏な自分には不要っす。
d0059441_083754.jpg

それはともかく、一軒の蕎麦屋に入ってみました。この店にしたのは、HPに量が多くて普通の値段と書いてあったからです。まあ、他の人のレポを見ると、唐沢そばはボリュームがあるようです。元々農家が来客に食べきれない程の蕎麦を出していたのが、そば集落の始まりのようですから。最初から観光型だったわけではない分、良い素朴さが残っているのでしょう。
d0059441_0241333.jpg
ざる蕎麦650円。量は大盛りってほどではないですが、普通よりは多め。結構食べ応えがあり満足です。味は薬味とかわさびとか入れずに半分くらい食べてしまったので、普通に美味しいと思います。極上とか、一味違うって訳ではありませんが、量も多めですし、値段も集落の中では安く(他の店だと二皿千円とかです)、CP高いと思います。
d0059441_0311982.jpg
蕎麦を食べ終わって、清水高原へ登ってみました。道は1.5車線の舗装路で、運転しにくくもないけど、さほど楽しくもない山道を淡々と登っていきます。走る楽しさはさほど無いかな。一番上にはスカイランドきよみずというお洒落なホテル見たいな施設がありました。その上は別荘地なのでUターン。少し戻って清水寺へ向かいます。寺までの最後の1km位だけ極細路で神経を使いました。
d0059441_0333295.jpg
清水寺というお寺があります。
d0059441_0335122.jpg
意外に凄い形態の展望台がありました。
d0059441_0342313.jpg
松本盆地を見下ろします。夜景なんかも綺麗そうです。
総合して、まあ、凄いところではないけれど、暇つぶし気分で訪れればいいかなというところでしょう。
その2へ続く
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-12 00:45 | ブログ的?
2007年 05月 18日

ロー・マウント・リアストップランプ追加

たまにはバイク工作ネタを。
d0059441_2157417.jpg
VTRに補助LEDテールランプ(兼補助ストップランプ)を付けてみました。

4輪だとハイマウントストップランプが大抵標準ないしオプション設定で有ります。
バイクの方が追突されたら危険な訳ですから、
我がVTR250にもハイマウントストップランプを付けようということで、
ナップスでLEDテールランプユニットを買ってきました。
定価4410円のところ、特売で三千円台で購入しました。まあ安かったから買ったというのもあります。
本来は単独で尾灯/ストップランプの機能を果たす製品ですが、今回は元のランプに追加して使います。2灯あれば、どちらか切れても安心ですし。

当初はカウルの後端上部にユニットを付けようと思っていたのですが、
よく考えるとVTRはシートを外すとカウルも外れてしまう構造なので、
配線を考えると不可能です(コネクタ使うのは面倒だし信頼性が下がる)。

仕方なくハイマウント・ストップランプ化は断念。
ナンバーの下に取り付けることにしました(そこしか無かった)。
格好悪くなるかなと思いつつ・・・

d0059441_2224371.jpgリアフェンダーのナンバーの下に穴を空けて、
ホームセンターで購入したL字のステーをM4×10mmの六角ボルト、ナットと、
ポリプロピレン接着可能なエーモンの両面テープ併用で固定。

d0059441_21123774.jpg電源は、こんな感じでテールランプ配線から取りました。
丁度テールの小物入れの前方角にケーブルを通す隙間があったので、ケーブルはそこを通し、フェンダーに小穴を空けて、ロックタイで固定してあります。

電源取り出しは信頼性を考えて、圧着端子(CE-2)を使いましたが、テールランプの配線は結構太いコードを使っていて少々傷つけても大丈夫そうなので、電気工事関係のノウハウが無い人は、普通にエーモンなどの電源取り出し用カプラーか異経配線コネクターを使った方が、ミスが起きにくくて安全だと思います。(線の太さに合ったコネクターを使えば)

で、付けてみたところ、LEDユニットがコンパクトな為、意外に違和感が無い(気がします)。
ていうか、無点灯だと、ぱっと見ユニットに気づかない位です。
気づかない→格好に影響が無い、ということで一安心。
d0059441_2215426.jpgしかし、点灯させてみると、意外に暗い。
目の前10cmで点灯させても、眩しく感じないほど。もう少し輝度が高く感じると思ったのですが・・・。
被視認性という点では少々の効果しか無さそうです。まあ無いよりは良いでしょう。

安心感という点では、元々のテールランプが玉切れしても、無灯火を回避出来るというのが大きいと思います。夜の高速や国道走っていて、もし今テールランプが切れていたら・・・という恐怖は低減しました。

さほど見た目の変化無く、安全性が少しアップしたと思うので、まあ満足してます。

d0059441_2312519.jpg
(追記)夜点灯させてみたら結構明るく、元のライトと併せて上下2灯式って感じで、
眩しくない程度に目立って良さそう。かなり安心感が増しました。ナンバーに少しかぶってしまったので、あと1cm位取り付け位置を下げた方が良さそうです。
[PR]

by vtrmorita | 2007-05-18 21:45 | ブログ的?
2007年 03月 14日

3月中旬の八ヶ岳エコーライン~蓼科

確定申告の期限が明日ですが、必要な書類が1枚無いことに気づき、
川崎~蓼科をアルトで往復してきました。書類一枚で往復とはトホホです。

20号をずっと走り、小淵沢から県道17号線経由で八ヶ岳エコーラインに入りました。
d0059441_15312913.jpg
2,3日前に降雪があったようで、畑は雪化粧していました。この辺りはドライ路面です。
d0059441_16301497.jpg
槻木大橋。橋を渡りきったところで通行止めです。右折して県道をチョコチョコ行くと国道299号線に出ますが、判り難いです。(←エコーラインとR299が直接接続しました/2007年3月下旬)

鉢巻道路から国道299号線に出ようとして迷った人は多いはず。八ヶ岳山麓は、所々深い谷があります。そこに橋が無ければ先に進めないのです。

さて2007~2009年位?にエコーライン~国道299号線メルヘン街道が接続する予定です。遺跡から色々な物が出てきてしまったので、工事に少し時間がかかっているようです。
尖石遺跡のすぐ近くを通りますからね。

(追記)、エコーラインと国道299号線が接続しました。

d0059441_16401585.jpg
ビーナスラインを登ってピラタスの丘ペンション村入口まで来ました。ビーナスラインの路面は全く問題なしですが、国道299とビーナスラインの接続道路部分で5メートルほど氷雪路がありました。
d0059441_16431533.jpg
ちょっと脇道に逸れると、日陰に残雪がありますね。

さて、八ヶ岳エコーラインの地図を貼っておきます。クリックすると拡大表示します。
d0059441_170385.gif


実はネット上で適当な地図がないか探したのですが、見付からなかったので、古い地図にマウスで手書きしました。手書きなので正確性に欠けますが、そのつもりでお願いします。とはいえ、
エコーラインとその接続路線を判りやすく表した地図は今まで見たことがないので、この地図は結構イケテルはず。もしエコーラインが開通したら、小渕沢IC→鉢巻道路→八ヶ岳エコーライン→国道299号線メルヘン街道のルートがいいですね。(追記)、エコーラインと国道299号線が接続しました。

暖冬でしたが、3月に入って季節の進行は例年通りとなったようです。
4月に入ったら、通水して、各部点検確認、全館清掃等行なって、
4月20日にオープンさせる予定です。
[PR]

by vtrmorita | 2007-03-14 17:15 | ブログ的?
2007年 02月 24日

漫画の話

ブログ本来のテーマである旅、ツーリング、ドライブとは全然関係ない話ですが、
あまりにも感動したので、今回は漫画の話。

掲示板にも書きましたが、
WEB漫画版痴漢男」サイコーです。http://passionate1842.web.infoseek.co.jp/manga.htm
いやもう、メチャ面白いです。
作者の人、神がかってます。
ストーリ、構成、絵の組み合わせが尋常でなくハマってます。スゲー。

以前ヒットした電車男同様、2chのスレを元にした漫画ですが、
商業ベースでないにも関わらず、本屋で並んでいる漫画を上回るクオリティーは奇跡といってイイカモ。

タイトル的に抵抗があるかもしれませんが、
痴漢の話では全然無くて、笑い有り涙ありの恋愛漫画。
chネラー特有の表現もありますが、普通の人でも楽しく読めると思います。

かなり長いので、半日時間を用意して読むといいと思います。
漫画家さんは出版しないと言ってますけど、単行本にして欲しいなー。
本屋に並んでいるところが見たい。
[PR]

by vtrmorita | 2007-02-24 00:00 | ブログ的?
2007年 02月 22日

LEDヘッドライト

昨年末にLEDヘッドライトを購入したのですが、これが想像以上に優れものでした。
と言う訳で、ツーリングの話ではありませんが、冬場は他に話題も少ないので紹介してみます。
紀伊半島キャンプツーリングで使用してみたのですが、2泊で使ったキャンプ照明はこれだけ。
d0059441_0491083.jpg


メーカーはホムセの電気用品売り場でよく見かけるELPAで、購入価格は1380円でした。よく単四×3本の製品を見かけますが、単三単4×2本だったのが購入の決め手。

小さい割にはかなり明るいです。有効照射距離は30m位かな、電池が単4×2本とはとても思えない明るさ。しかも明るい割に電池の持ちがいい。さすがLEDです。自分の使い方ならキャンプ3泊位は電池交換なしでいけそう。

電球タイプより配光が均一なので見やすく、本や地図なんかも読みやすいです。
もし貧乏で部屋の電気止められても、照明だけならコレで事足りそうな気がw(まあPC使えないと自分は生きていけませんから無理ですが)。
今まで小型蛍光灯などを使っていましたが、今後キャンプではLEDヘッドランプしか使わないと思います。タンクバックの中に入れっぱなしでも邪魔にならない大きさですし。

d0059441_10579.jpg
ついでに自分のメインPCを紹介。写真右側のCDドライブ位の大きさの箱がメインPCです。

スペックはセレロン1.1GHz、メモリ512MB、ファンはCPUファン1個のみ、電源はACアダプター駆動なのでかなりエコ。OSはW2Kです。USBが1.1なのが玉に傷ですが、1394が有るので外部HDはそれで繋いでいます。自分の使い方だと、これで十分ですね。動画再生を大画面でするとコマ落ちしますが、あまり動画には使わないので。

モニターは三菱の古いダイヤモンドトロン17インチ。蓼科では液晶を使っていますが、CRTの方が階調表現は圧倒的に豊かですね。液晶は何でも鮮やかに写します。よって液晶画面で製作したページは色がイマイチなことが多いです(くすんだ写真でも鮮やかに見えるので)。スミマセン。

しかし、昔は自作タワーPCにドライブやら拡張カードてんこ盛で使っていましたが、今時USBがあればほとんど繋がりますね(あとシリアルATAが有ればベストなんですが)。普通の人が使う分にはこういうコンパクトPCで十分、というか一番使い勝手がいい気がします。地球温暖化対策としても○ですしね。

メーカー系だとエプソンダイレクトの広告辺りで一部見かけますが、電気屋さんに行ってもこのタイプのPCは見かけません。日本メーカーにとって軽薄短小は得意分野。デジカメとかは画質性能よりコンパクト化最優先なのに、PCはそうでない。ちょっと不思議な気がします。
[PR]

by vtrmorita | 2007-02-22 01:25 | ブログ的?
2007年 02月 03日

ピラタススノーリゾート

d0059441_1264066.jpg
たまたま無料でロープウェイ券を手に入れたので、ここぞとばかりに乗って来ました。写真ど真ん中に小さく写っているのがピラタス蓼科ロープウェイ、バックは八ヶ岳です。
d0059441_142434.jpg
この日は2月にして、この冬一番の寒波ということで、雲が出てしまい、木曽駒や御岳、北アルプスの山並みはボンヤリと霞んでしまっていました。でも車窓からの眺めは絶景でした。
本当はもっと快晴の日に行けばいいのですが、無料券がこの日限定だったもので。

もっともこの日も朝一ならもっと遠景が望めた筈なのですが、今朝の気温はモーティブ付近で-15度、ということはゲレンデ上部では-20℃以下だったはず。さすがにびびって、昼前からの参加となりました。
d0059441_1274128.jpg
山頂駅に到着。縞枯山の着氷した山並みがきれいでした。ちなみに、この時のロープウェイ山頂駅の気温は-14℃!でも晴れているので、さほど寒くありませんでした。ただ、寒風が直接肌に当るので顔が寒かったです。シールド付きのバイクのメット被りたいくらい。
d0059441_129397.jpg
山頂駅付近坪庭(溶岩台地)の標高は2200メートルですが、冬でも散策出来るようになっています。厳寒期にこんな高い場所を一般人が散策出来るなんて、ここだけではないでしょうか?普通の人が2月にこんな所歩いたら、普通死んでしまいます。いつもながら凄いところだと思うのですよ。

(あ、でも本当に吹雪に巻き込まれたら・・・、悪天候時は止めましょう。一応ビニール傘はレンタルしてるみたいですけど、標高2200メートルの冬山で吹雪いたら・・・一瞬で別世界へ突入してしまいます。)

沢山の撮影機材を持ったカメラマンも登ってきていました。スキーヤー、ボーダー、ハイカー、カメラマン、登山者と、いろいろな人が、冬のロープウェイを利用しています。この辺がピラタスロープウェイの特徴であり、面白い所だと思います。
d0059441_145384.jpg今回はスキーしながらの撮影だったのでコンパクトデジカメしか持参しませんでしたが、ちょっとアマチュアカメラマン気取りで撮影してみたり。

d0059441_1483456.jpg
右手にカメラを持ったまま、八ヶ岳を眺めつつ、林間コースを降りていきます。スキーといっても、滑っている間ほとんど撮影してたり。
しかしまあ、ブルジョアな一日を過ごしてしまいました(汗)。
[PR]

by vtrmorita | 2007-02-03 01:58 | ブログ的?
2007年 01月 20日

雪山歩きにチャレンジ?!八子ヶ峰スノートレッキング

d0059441_0471541.jpg
せっかく大雪が降ったので、近くにある八子ヶ峰に登ってみました。
d0059441_1211698.jpg
踏み跡をたどって、森の中を登って行きます。積雪は1m程でしょうか。夏よりも凹凸が無くて、割と歩きやすかったです。とはいえ微妙に滑りながら歩くので、体力と時間は夏の倍位かかりました。ビーナスラインのスズラン園地駐車場から頂上までは40分程です。
d0059441_0482953.jpg
大雪原を一人で歩いていきます。いいですねー。素敵です。
d0059441_0501348.jpg
山頂は大雪原、360度の視界が凄いです。
d0059441_105492.jpg
山頂から先は全く踏跡の無い雪原が広がっていました。
d0059441_12130.jpg
雪原の向こうには車山~美ヶ原の山々、その向こうには乗鞍岳~北アルプスの山並みが続いていました。
d0059441_1181371.jpg
北横岳と八ヶ岳を眺めながら帰路につきました。

d0059441_17693.jpg
さて、今回の秘密兵器はこれ、和カンジキです。スノーシューが流行ですが、あれは大体1万数千円~2万以上します。とても手が出ないなあと思っていたら、カインズホーム佐久店で「かんじき」が1280円で売っていました。まさかホームセンターでカンジキを売っているとは、さすが雪国!しかも安い!といいつつ、半月程迷って(笑)購入(売り切れないで良かった)。結果は・・・山頂雪原の新雪の中に足を踏み入れると・・・
d0059441_1103721.jpg
ズボズボはまりまくり。うーん浮力が足りない(スノーシューよりも)。登りは大丈夫だったのですが、山頂付近の雪原では沈みまくりで、実は途中で挫けそうになりました。春先の締まった雪面なら大丈夫だと思いますが、今回のような新雪の場合は、もう少し紐を追加して接雪面積を増やしてやらないと上手く歩けないようです。逆に言うと、少し手を加えれば、どこでも歩けそうです。あと、今回は車の中に忘れてしまったのですが、ストックがあった方が良さそうです。

八子が峰の標高は1869メートル。1800メートルの雪山、しかも頂上は360度の大パノラマという山に、夏20分、冬40分で登れるのですから、大変お得だと思います。まあ遭難したら大変ですが、夏に登山して道が大体判っていれば、スノーシューで簡単に登れると思います。
トライしたいという方は、まず夏に登山(夏のレポです)してみて、ルートを覚えてから冬にチャレンジしてみたらいかがでしょうか。
[PR]

by vtrmorita | 2007-01-20 01:32 | ブログ的?
2007年 01月 01日

謹賀新年

d0059441_18242697.jpg
あけましておめでとうございます。
昨年は300人もの方をロッジモーティブにお迎えすることができました。
いらして下さった皆様、応援してくださった皆様ありがとうございます。
今年はもっと沢山の方にきて頂くべく、努力する所存でございます。

現実的に考えると、すぐに立ち行かなくなるレベルは脱しましたが、
お客様400人越えというのが、順調に存続する目安になりそうです。
あともう少しですね。

今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

ロングツーリングクラブHPの方も、ネタや構想はいろいろありますので、
少しずつですが更進して行きたいと思っています。
上手くいけば1月下旬あたりは、けっこういろいろな記事をアップ出来るのではないかというか、アップしたいなと思っているところです。

d0059441_18174668.jpg

写真は数日前に蓼科から川崎への途中、1枚目が本栖湖の湖岸から、2枚目が県道71号線朝霧高原からのショットです。

☆☆☆☆☆
余談ですが、ちなみに、1枚目がオリンパス製コンデジで彩度とコントラストを落とした設定で撮影、2枚目がリコーのコンデジでこちらは設定は固定のみ。掲載にあたって若干差を小さくすべく調整したのですが、この2台は発色が対照的です。リコーは空が濃いブルーに、オリンパスはデフォルトだと空が薄いパステル色傾向になります。この中間が望ましいのですが・・・、なかなか上手くいかないものです。
自分の手持ちデジカメではやはりペンタの一眼レフが何もしなくても一番ナチュラルかつきれいに写るのですが、この日は持参していませんでした。
まさかこんなに素晴らしい富士山に出会えるとは!すっごくきれいでした!ただいまどうやってツーレポにしようか考え中です。3日位にアップする予定です。ではでは。
[PR]

by vtrmorita | 2007-01-01 18:21 | ブログ的?
2006年 11月 25日

引き続き建物補修中

引き続き建物補修中です。
雪が積もる前に、なんとか耐雪防御体制を整えたいのですが、あまりにも懸案が多すぎて・・・。

d0059441_23265337.jpg
屋根裏の小窓が傷んで隙間から風雪が吹き込むようになったので、ガラス窓を撤去、封鎖することにしました。しかし、どうやって登ろう・・・?
とりあえず1F屋根にハシゴを載せてみたものの、このままでは倒れてしまいます・・・。
d0059441_2342569.jpg
ここに登る方法を考え出すのに半年悩みました。
d0059441_23161199.jpg
軒下に角材を打ち付けて、そこにハシゴを縛り固定する事に成功しました。水仕舞いに配慮して水切りを2重にしたのがポイント。防水を完璧にするため、まだこの上からプラ板を張る予定。

しかし、あと2箇所、登る方法を考えなければいけないところがあります。うーん、悩む~。

d0059441_2353524.jpg
平行して、ウッドデッキの塗装中。床板を外して細部まで防腐塗料を塗布します。
d0059441_23315178.jpg
白ペンキは厳寒期にボロボロになって半年もたないので、一旦ディスクサンダーにワイヤーブラシを付けて削り(やった事ある人は判ると思いますが、ケレンは途方もなく時間がかかる作業・・・)、浸透性の防腐塗料を塗っています。

まだまだ作業がたっぷり残っています。明日は雨がいつ降り出すか、心配でたまりません。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-25 23:19 | ブログ的?
2006年 11月 18日

管理人のある一日 冬支度編

冬の間に管理人が何をやっているか気になる人も居るようです。
まあ、実際にやっている事を知っても恐らく面白くないでしょうけど、一応紹介してみます。

d0059441_19382246.jpg
朝、良く晴れました。まずは屋根に登ります。

d0059441_19444791.jpg
屋根の上に木のヤグラを組んで、ロープでしっかり固定してあります。このヤグラの向こうが本日のターゲット。

d0059441_19484882.jpg
やぐらからロープでアルミの4.2メートルのハシゴを吊るしてあります。

d0059441_1950472.jpg
屋根の上は霜がおりていました。メチャ滑ります(当たり前ですが)。安全を考えるなら融けて乾燥するまで待ちたいところですが、明日は多分雪です。多少危険でも、作業を進めておく必要があります。おそるおそる足を伸ばして・・・。

d0059441_1953630.jpg
なんとか降りてきました。屋根の先が雪の圧力で曲がってめくれているのが見えます。

さて、どうして屋根がめくれてしまったのでしょう?雪国の方や察しのいい方は想像がつくと思います。雪国に住んでいないと想像し難いかもしれません。真冬になると、この屋根の上には1メートル位の雪が積もり、それが氷河のようにジリジリと落ちてくる訳です。この構造では、壊れたところに数百キロ(下手するとトン)の力がかかると思います。はっきし言って、壊れるべくして壊れた、設計不良です。誰が設計したかは判りませんが・・・。文句を言っても仕方ありません。こういうのは自分で直すしかありません。

おそらく屋根屋さんに修理を頼んでも、2~3シーズンで壊れてしまうことでしょう。(平地の)業者は信用出来ない(雪山のノウハウが無い)というのは、いままで身に染みて知っています。こういう場所では自分で対策するしかないのです。

d0059441_201140.jpg
めくれた板金を曲げ直し、隙間から雨や雪が舞い込まないように波板を張り、さらに雪囲いとして木の板を貼り付けてガードを作ることにしました。

で、まだ作業の途中なのですが日没。薄暗い中、慌てて屋根から降りてきました。

天気予報を見たら、明日は雨で山岳地帯は雪。日本の南海を低気圧が通過し、かつ当地の最低気温は恐らく-4度・・・うーん、普通に考えるとピラタスの丘は大雪ですorz。どうしよう。

このまま雪に埋もれたら、屋根が壊れて人生終了かも・・・。
ちなみに、庭のバケツに溜まった水は氷となって、日中すら融ける事はありません。大雪になったら、春まで融けない可能性も無いとはいえません。

まあ来週は暖かい予報なので、それに賭けたいと思います。最悪、雪と氷でツルツルの屋根に登らなければいけません。

でも登れるような気がします。かなり屋根の上に慣れてきました。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-18 20:53 | ブログ的?