<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 28日

蓼科の雪は少なかった

d0059441_14465920.jpgまだ残雪の残る川崎を後にし、久々に蓼科に向かいました。
国道20号線富士見峠交差点を右折し、標高千メートルを越えて更に高度を上げていきますが・・・雪が無い!。川崎より無いぞ!まるで春先の様な景色です。
d0059441_14524125.jpg積雪路に変ったのは標高1500メートルを過ぎてからでした。

d0059441_15582919.jpgロッジモーティブの積雪は30cm程度、去年の1/3位しかありません。12月は大雪で、今年はどうなっちゃうんだろうと不安だったのですが、ホッと一安心。しかし12月中旬より1月下旬の方が雪が少ないなんて・・・、不思議です。

d0059441_15573878.jpg翌朝は、屋根に登って雪下ろしです。屋根の耐雪強度という点では雪下ろししなくても(多分)問題ないのですが、雪が大量にドサっと落ちると、壁や窓ガラスや換気扇のフードが壊れるので(昨年壊れたorz)、予め人力で降ろすことにしました。

d0059441_153136100.jpg雪の屋根に登るのは生まれて初めてでした。最初の一歩を踏出す時はドキドキ死ぬ思い(笑)、ヒーッ恐い~、でも、上がってしまえば大して恐く無かったです。中斜度のゲレンデみたいなもので、屋根の上でダッシュ出来るほど。ただ、屋根の端っこは凄く恐いです。屋根からハシゴに移る時が一番恐いですね。実際、かなり危険だと思います。

d0059441_15414410.jpg雪下ろしのあとは、建物の周りの雪かきです。集めた雪は近くの小川に捨ててしまいます。
さて、写真は、屋根からの落雪にツルハシを突き立てたものですが、切先が抜けなくなる位固いです。融けて凍ってを繰り返した上に、落雪時に圧縮がかかるので、こんなに固くなるのだと思います。雪国に住むまでは知りませんでしたが、危険ですねー。

d0059441_15483582.jpg写真のようなドーマは雪国では大きな雪の塊を作るので、絶対にNGです。春先に数百キロの氷の塊が落ちてきて、ベランダが砕け散ります。今年も砕け散るんだろうなー。まあ、基本的な居住性に影響は無いので、いいんですけど。人が砕け散ったら洒落になりませんから。
皆さんも雪国を訪れる事があるかと思いますが、落雪には十分注意してくださいね。まじで、頭上を気にしながら歩いた方がいいです。
まあ、長野県でも飯山あたりだと、落雪に配慮した設計がされていると思いますが(屋根の形が他地域とは全然違う)、蓼科周辺では雪に不慣れな設計士が設計してますので、玄関に落雪するなどの危険な建物が見受けられます。

d0059441_16441051.jpgこの程度の積雪でも、雪下ろしして、家の周りの雪を集めて小川に捨てるのに4日かかっています。豪雪地帯では毎日数十センチ積もったりするのですから、一日中雪かきしていないと間に合わないと思います。大変だろうと思います。
[PR]

by vtrmorita | 2006-01-28 14:44
2006年 01月 01日

賀正

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします!!

最近は掲示板の方をメインで使っているのですが、年末から掲示板のサーバーが動いていないので、こちらの方でご挨拶させていただきました。

よい年になりますように!
[PR]

by vtrmorita | 2006-01-01 11:04