モーティブ通信

vtrmorita.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 27日

11月にビーナスラインを走れるか?

11月にバイクでビーナスラインを走ろうという奇特な人も居るようです。
地元民に言わせると、止めとけということになるのですが・・・。

一方で、私を始め、地元民は11月中旬まで普通にバイクで走っています。いやだってスーパーまで買い物に行かなきゃいけないですし・・・。(郵便屋さんは1月2月でもカブにスパイクタイヤ履いて走ってますが・・・)

実際にビーナスラインが凍結した状態って、どうなっているのか?、一昨年の写真でご覧いただきましょう。日にちは10月28日です。

ちなみに、この日の野辺山1350メートルおよび菅平1253メートル地点のアメダス(長野県の温度計付きアメダス設置地点ではこの2地点が一番寒いので、良く参考にします)の最低気温は-5度程度、平均気温は2度、最高気温は11度程度でした。

d0059441_1381064.jpg
快晴の霧ケ峰、日差しも暖かで、走行には何の問題もありません。快適なツーリング日和ですが・・・。

d0059441_1393979.jpg
和田峠からの登りは比較的凍結しやすいのですが、この日は問題なし。三峰展望台を過ぎて、日陰のカーブに入っていきます。この地点で何となく嫌な予感がして、徐行しています。

d0059441_1312593.jpg
コーナーを回りこんでいくと・・・やっぱり!凍結していました。歩く位のスピードでソロソロ走ります。足をつくとツルツルですが、アスファルトの凹凸が完全に埋まっていないせいか多少の引っかかりはあります。(多分、徐行していてもフロントブレーキかけたらコケると思います。ちなみに、この程度の凍結の場合、4輪でノーマルタイヤだと時速25キロ以下で徐行し、急な操作をしなければ通過できるでしょう。)

d0059441_1319960.jpg
先が危ぶまれたのですが、結局美ヶ原まで行く事が出来ました。標高2000メートルでも日向は雪も凍結もありません。北アルプスが冠雪してきれいです。

こんな感じで、10月下旬で凍結している日もあれば、11月中旬で普通に走れてしまう日もあります。ちなみに、今年は11月8日にビーナスラインを走りましたが、凍結箇所は全くありませんでした。白馬まで行って深夜に帰ってきましたが、全く問題なし。

さて、下のグラフは今年の11月の気温変化です。地点は野辺山1350メートル。だいたい蓼科と同じ位の気温です。
d0059441_1401586.gif
暖かい日もあれば、寒い日もあります。
美ヶ原など2000メートル地点だとこれより更に4度位低くなります。

データ-を見ると、11月10日には平均気温10℃を記録していますが、翌々日の12日には-2度まで下がっています。その差12度・・・。

私はこの日、夕方アルトで佐久まで買い物に出かけましたが、帰りは凍結気味で、時々スリップ。30~40キロ位でトロトロと走って帰ってきました。平均気温がマイナス2度ですから、バイクではとても無理です。

ところが2日後の14日は平均気温9度、最高気温13度のポカポカ陽気となりました。

こんな感じで、11月の気温と路面状況は日によってコロコロ変ります。

もし11月にビーナスラインを走ろうと思うなら、天気予報だけでなく、前日の気温・天気をチェックし、走行予定ルートの気温も高度補正(100メートルで0.6度違う)して推定して可否を判断すべきだと思います。そこまで出来ない・やりたくないという人なら、止めた方がいいでしょう。

最低気温がマイナスなら午前中は路面凍結(実際にはプラス4度位から凍結し始める)、平均気温がマイナスなら一日中凍結と思ったほうがいいでしょう。

ちなみに、今年は12月1日~4月20日までビーナスライン和田峠以北冬期通行止めとなります。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-27 14:32 | ビーナスライン
2006年 11月 25日

引き続き建物補修中

引き続き建物補修中です。
雪が積もる前に、なんとか耐雪防御体制を整えたいのですが、あまりにも懸案が多すぎて・・・。

d0059441_23265337.jpg
屋根裏の小窓が傷んで隙間から風雪が吹き込むようになったので、ガラス窓を撤去、封鎖することにしました。しかし、どうやって登ろう・・・?
とりあえず1F屋根にハシゴを載せてみたものの、このままでは倒れてしまいます・・・。
d0059441_2342569.jpg
ここに登る方法を考え出すのに半年悩みました。
d0059441_23161199.jpg
軒下に角材を打ち付けて、そこにハシゴを縛り固定する事に成功しました。水仕舞いに配慮して水切りを2重にしたのがポイント。防水を完璧にするため、まだこの上からプラ板を張る予定。

しかし、あと2箇所、登る方法を考えなければいけないところがあります。うーん、悩む~。

d0059441_2353524.jpg
平行して、ウッドデッキの塗装中。床板を外して細部まで防腐塗料を塗布します。
d0059441_23315178.jpg
白ペンキは厳寒期にボロボロになって半年もたないので、一旦ディスクサンダーにワイヤーブラシを付けて削り(やった事ある人は判ると思いますが、ケレンは途方もなく時間がかかる作業・・・)、浸透性の防腐塗料を塗っています。

まだまだ作業がたっぷり残っています。明日は雨がいつ降り出すか、心配でたまりません。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-25 23:19 | ブログ的?
2006年 11月 18日

管理人のある一日 冬支度編

冬の間に管理人が何をやっているか気になる人も居るようです。
まあ、実際にやっている事を知っても恐らく面白くないでしょうけど、一応紹介してみます。

d0059441_19382246.jpg
朝、良く晴れました。まずは屋根に登ります。

d0059441_19444791.jpg
屋根の上に木のヤグラを組んで、ロープでしっかり固定してあります。このヤグラの向こうが本日のターゲット。

d0059441_19484882.jpg
やぐらからロープでアルミの4.2メートルのハシゴを吊るしてあります。

d0059441_1950472.jpg
屋根の上は霜がおりていました。メチャ滑ります(当たり前ですが)。安全を考えるなら融けて乾燥するまで待ちたいところですが、明日は多分雪です。多少危険でも、作業を進めておく必要があります。おそるおそる足を伸ばして・・・。

d0059441_1953630.jpg
なんとか降りてきました。屋根の先が雪の圧力で曲がってめくれているのが見えます。

さて、どうして屋根がめくれてしまったのでしょう?雪国の方や察しのいい方は想像がつくと思います。雪国に住んでいないと想像し難いかもしれません。真冬になると、この屋根の上には1メートル位の雪が積もり、それが氷河のようにジリジリと落ちてくる訳です。この構造では、壊れたところに数百キロ(下手するとトン)の力がかかると思います。はっきし言って、壊れるべくして壊れた、設計不良です。誰が設計したかは判りませんが・・・。文句を言っても仕方ありません。こういうのは自分で直すしかありません。

おそらく屋根屋さんに修理を頼んでも、2~3シーズンで壊れてしまうことでしょう。(平地の)業者は信用出来ない(雪山のノウハウが無い)というのは、いままで身に染みて知っています。こういう場所では自分で対策するしかないのです。

d0059441_201140.jpg
めくれた板金を曲げ直し、隙間から雨や雪が舞い込まないように波板を張り、さらに雪囲いとして木の板を貼り付けてガードを作ることにしました。

で、まだ作業の途中なのですが日没。薄暗い中、慌てて屋根から降りてきました。

天気予報を見たら、明日は雨で山岳地帯は雪。日本の南海を低気圧が通過し、かつ当地の最低気温は恐らく-4度・・・うーん、普通に考えるとピラタスの丘は大雪ですorz。どうしよう。

このまま雪に埋もれたら、屋根が壊れて人生終了かも・・・。
ちなみに、庭のバケツに溜まった水は氷となって、日中すら融ける事はありません。大雪になったら、春まで融けない可能性も無いとはいえません。

まあ来週は暖かい予報なので、それに賭けたいと思います。最悪、雪と氷でツルツルの屋根に登らなければいけません。

でも登れるような気がします。かなり屋根の上に慣れてきました。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-18 20:53 | ブログ的?
2006年 11月 08日

北アルプス今年2度目の冠雪

11月7日は大荒れの天候となりました。
翌朝は・・・
d0059441_23262146.jpg
中央アルプスが上の方だけ冠雪していました。

d0059441_23271393.jpg
車山肩に登ると、北アルプスも冠雪しているのが見えました。本格的な冠雪としては10月上旬に続いて2度目だと思います。一ヶ月振りの本格降雪です。随分間があきました。例年ならもっとバンバン降っていそうですが、今年は暖かな秋です。

d0059441_1574978.jpg

冠雪に引かれて、アルプス展望道路に行ってみました。旧大岡村です。
d0059441_23301061.jpg


d0059441_23311820.jpg
最近開発した3桁マイナーながらも快走出来る県道を使って、美麻村へ。だんだんアルプスが近づいてきました。さらに近くへということで・・・。(この道に関するレポはまた後日アップ予定です)

d0059441_23373264.jpg
結局黒菱林道まで行ってしまいました。終点直前で全面氷結。ここでUターンしました。

d0059441_23351834.jpg
とはいえ大迫力!
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-08 23:40 | ビーナスライン
2006年 11月 02日

11月2日の霧ケ峰とビーナスライン

晩秋のビーナスラインを走ってきました。
d0059441_025955.jpg
車山もすっかり秋色。
d0059441_0264529.jpg
駐車場にバイクを停め、例によって車山肩に上ってみました。
d0059441_0261310.jpg
車山湿原も秋色。
d0059441_0333334.jpg
ビーナスの丘を歩いてみました。いい天気でビーナスラインの通行量もそこそこあるのですが、誰も居ませんでした。駐車場から歩いて3分位なのに、なんで誰も来ないんだろう・・・。まあ、一人でのんびり出来るから好きなんですけど。
d0059441_0281840.jpg
再びバイクに跨ってビーナスラインを進みます。朝9時の時点で気温は9度程度。服装は冬ジャケット+フリース+あったか系シャツ。11月というと厳寒が普通なのですが、日差しが強いので、この日は少し暑い位でした。例年だと朝は路面凍結・霜が当たり前なのですが、今年は随分と暖かな晩秋です。まだ霜が降りているのは標高1700以上の北側斜面のみ。
d0059441_0285849.jpg
和田峠を越えて三峰展望台の辺り。緑の笹原と落葉した白い幹のコントラストが印象的です。
d0059441_0315655.jpg
扉峠まで行くと、唐松林が輝いていました。
[PR]

by vtrmorita | 2006-11-02 23:23 | ビーナスライン