<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 19日

北アルプスの眺め方一例 常念岳と穂高岳の位置関係から

d0059441_17111376.jpg
三千メートル級の山並みが連なる北アルプス。沢山山がありすぎて、どれがどの山だか、自分は最近まで良く判っていませんでした(苦笑)。まあ、ただ全体を見て凄い壁だなぁと思っていたわけです。

ところが、最近松本周辺の展望台巡りをして、山の判別が多少出来るようになってきました。(まだまだですが)。判別するポイントは、常念岳と穂高岳の位置関係。複数の展望台を巡って、見え方の差を調べると、北アルプスの地理が理解しやすいようです。
d0059441_17201433.jpg
まずは松本市内から。松本盆地から一番目立つのは常念岳です。北アルプスの方向に向かうと、真っ正面に三角形のピラミッド形の山が聳えています。
d0059441_17233492.jpg
これは松本市城山公園展望台(標高700m位かな)からの眺めです。正面に常念岳があります。
d0059441_17273793.jpg
写真を拡大すると、実は常念岳の左肩に槍ヶ岳が僅かに見えています。常念連峰の裏に穂高連峰が隠れているわけです。前衛の山とはいえ、2800メートル級ですから、他地方と比べたら超巨大な山並みです。十分大迫力。
d0059441_17301761.jpg
こちらは高ボッチ(1665m)からの眺めです。常念岳の左側に槍ヶ岳~穂高連峰が顔を出しています。高いところに登ったことで、穂高岳が見えてきたのです。
この写真を撮影したのは11月ですが、穂高は標高が3000メートル級と高いのと、より西側に位置して冬の季節風の影響を受けやすいので、いち早く冠雪しています。真冬になると常念岳も真っ白に雪化粧します。
d0059441_1750879.jpg
こちらは美ヶ原の王ヶ鼻(2008m)からの夏の眺めです。距離は遠くなってしまいますが、標高が高いので穂高岳がよく見えています。北穂高岳と西岳の間にある大きな凹み:大キレットもハッキリ見えています。
ちなみに、穂高岳は奥穂高岳、北穂高岳、西穂高岳、前穂高岳の総称です。奥穂高岳が標高3190メートルで、その中心的存在となります。

d0059441_17585484.jpg
美ヶ原からの展望のもう一つの特徴は、乗鞍岳が良く見えるということです。やはり松本盆地内からだと乗鞍も前衛の山に遮られて山頂がちょこっと見える程度ですが、美ヶ原からだと丁度角度的に谷間を通して見えるので、全体像が見えやすくなっています。
d0059441_18465519.jpg
松本城山公園から乗鞍方向の眺めです。乗鞍岳が少ししか見えていません。
d0059441_18215167.jpg
こちらは高ボッチ山頂(1665m)から眺める乗鞍岳(左)と穂高岳(右)です。標高2000メートルの美ヶ原に比べると、下の方が隠れ気味です。

こんな感じで、地点によって北アルプスの見え方は意外なほど違ってきます。特に常念岳と穂高岳の位置関係を軸にして見ると、北アを一層楽しく見ることが出来るかもしれません。皆さんも注目してみてください。ではでは。

その1アルプス公園△ その2城山公園◎ その3芥子坊主公園△ その4高ボッチ◎ その5光城山△ その6長峰山◎
d0059441_1813546.gif

[PR]

by vtrmorita | 2008-12-19 18:24
2008年 12月 08日

雪のビーナスライン 霧ヶ峰・車山肩

d0059441_13524236.jpg
ビーナスラインから眺める蓼科山です。麓のスキー場ではスノーマシンがせっせと雪を作っています。好天ですが気温は-5℃。寒いです。
d0059441_13161586.jpg
ビーナスラインの富士見台駐車場にやって来ました。通常冬型の気圧配置だと北の方角は雲りがちですが、今日は移動性高気圧に覆われていますので360度全方位快晴です。
d0059441_13213956.jpg
バックは八ヶ岳連峰です。左側の端整な山が蓼科山です。しかし、この場所は開放感が良いですねー。
d0059441_1327521.jpg
但し、ビーナスラインの路面はツルツルでした。時速20km位でも車体が勝手に回転しだすし、修正しようとハンドル切っても手応えがほとんどありません。ハンドル外れてるのかと思いました。ブレーキはペダルに振れた瞬間にロックするし、減速Gがほとんど感じ取れません。こんな道危なくて走れねー。まあ、履いてるスタッドレスDS-2が4年目という事もあるのでしょうが。

この路面は、前日の雪混じり雨が夜間の気温-10℃で氷結し、日射で表面が溶け出し、しかも融けだした水が日中ながら-5℃の強風で時々凍結するというパターンで起きた最悪のアイスバーンです。前日が粉雪だったら、こんなアイスバーンでは無かったと思います。
自分も蓼科に居るときは2日に一度位は氷雪路を走っていますが、ここまでツルツルに滑るのは珍しいです。
これが夜になって氷点下15℃位になると、割と普通に走れるようになるんですが。

d0059441_1336556.jpg
遠望すると、S字カーブの所で車が路肩に落ちてますね。うーん、今日は危険すぎます。ほどほどで引き返しましょう。
どうせ走るなら、ちゃんとグリップする圧雪路の時が良いです。安心して走れますからね。

d0059441_13381172.jpg
例によって車山肩に登ってみることにしました。
d0059441_1339199.jpg
左が御嶽山、右が乗鞍岳です。
d0059441_13392189.jpg
さらに右に視線を移して、北アルプスの穂高岳です。

北アルプスの冠雪範囲も大夫拡大していますね。先月松本市内展望台から眺めたときは穂高岳しか冠雪していませんでしたが、もう常念岳も真っ白に冠雪しています。
d0059441_1359929.jpg
↑これが先月の穂高岳と常念岳です。このときは3000メートル級で、より北側に位置して季節風の影響を受けやすい穂高しか冠雪していませんでした。

こんな風に、季節と共に景色は変わっていきます。
これから5月半ばまで、北アという雪の巨大壁が見られることでしょう。
[PR]

by vtrmorita | 2008-12-08 23:30
2008年 12月 08日

冬の八子ヶ峰登山

d0102327_23255343.jpg
冬の八子ヶ峰に登ってみました。ピラタスの丘から登山口までは車で5分程です。
冬のハイシーズンはスノーシューを使ったスノートレッキングのメッカですが、まだ積雪5cmほどなので長靴で行けました。
d0102327_23354598.jpg
途中振り返ると、八ヶ岳が!一望出来ました。
d0102327_23541522.jpg
30分ほど登ると山頂草原です。
左が御嶽山、真ん中が乗鞍岳、右側が北アルプスの穂高連峰です。
d0059441_074566.jpg
御嶽山のアップです。アップといっても標準ズーム85mm相当ですから、肉眼ではもう少し大きく見える感じ。
d0059441_0113772.jpg
乗鞍岳です。
d0059441_013984.jpg
真ん中からやや右が北アルプスの穂高連峰です。槍や常念岳も真っ白に冠雪していますが、写真だと小さくなってしまって分かり難いかもしれません。左側に車山山頂のレーダードームが写っています。
d0102327_2333261.jpg
八子が峰東峰の山頂まで来ました。夏だと30分位で登れるのですが、雪道でしたので40分ほどかかりました。
d0102327_23401553.jpg
北アルプスまで良く見えます。
d0102327_23545423.jpg
北横岳です。ここから望む北横岳の姿は迫力があって好きです。
d0102327_23552481.jpg
蓼科山です。
d0102327_23411286.jpg
左側が八ヶ岳、右側が南アルプスです。広大な草原は360度の視界を誇ります。
人影は・・・極くたまーに見かけるだけ。日曜日昼間だというのに、1時間30分ほど散策していて6人にしか会いませんでした。こんなに絶景なのに・・・。
あまり知られていませんが、山頂には大草原が広がり、その草原越しに南から北までアルプス全部を見渡す事が出来ます。不思議なところです。
d0059441_22505075.gif
八子が峰は西峰と東峰がありますが、東峰まで行けば十分だと思います。駐車場は30台分ほどがスズラン峠の南側300メートル位のところにあります(スズラン園地駐車場)。
[PR]

by vtrmorita | 2008-12-08 00:18