<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 23日

ビーナスの丘のレンゲツツジが満開

d0102327_13113349.jpg
レンゲツツジが満開と聞いて、車山肩を訪れてみました。ビーナスの丘に登って行くと・・・丘の上が凄い事になっているような・・・
d0102327_13134913.jpg
ビーナスの丘は蓮華ツヅジが咲き乱れていまいした。
d0102327_13144946.jpg
振り返ると車山山頂のレーダードームが見えました。車山もすっかり鮮やかな緑に覆われて、夏の装いです。

ビーナスの丘:ビーナスライン車山肩駐車場から徒歩5分程の丘です。レンゲツヅジとニッコウキスゲのメッカ。例年レンゲツツジの見頃は6月中旬から下旬、ニッコウキスゲの見頃は7月中旬頃の3週間ほどですが、年によって前後します。今年は若干早めかもしれません。ビーナスの丘のヤフー地図

駐車場は車山肩に無料のものがありますが、今回平日にも関わらず8割方埋まっていました。ニッコウキスゲのシーズンになると早朝5時で満車の事もあります。500メートルほど南側のビーナスライン路肩に砂利じきの駐車スペースが設置されていますので、休日はここに車を停めて歩くのがよいでしょう。
取材日2009.6.23
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-23 14:14 | ビーナスライン
2009年 06月 19日

ピラタス蓼科ロープウェイ 森林浴展望台コースを行く

d0102327_2041753.jpg
ピラタスロープウェイを降り、坪庭と呼ばれる溶岩台地を歩いていきます。
d0102327_205399.jpg
2200メートルの高山だけに花の季節には早い感じでしたが、ミネスオウが小さな花を咲かせていました。
d0102327_207086.jpg
坪庭の途中から登山道が分岐しています。徒歩60分(初心者だと80分くらい)で標高2480メートルまで登れます。今回は時間の都合で行けませんでしたが、凄いですよ。山頂の様子はこちらの記事をご覧下さい。
d0102327_2082778.jpg
今回は森林浴展望台コースに脚を伸ばしてみました。スタート地点はロープウェイ山頂駅を出てすぐ右側にあります。
d0102327_20121679.jpg
最初は縞枯れ地帯を歩いていきます。
d0102327_2013367.jpg
木が枯れているだけに、視界も広々。乗鞍岳や北アルプスまで展望することが出来ます。風変わりな風景です。
d0102327_20151222.jpg
続いて森林地帯へ。亜高山帯上限ギリギリに近い場所だけに、植生も独特です。
d0102327_2016374.jpg
森林浴展望台に到着。八ヶ岳から南アルプス、中央アルプス、御岳、乗鞍、穂高連峰までぐるっと見渡すことが出来ます。
d0102327_2018485.jpg
八子が峰の赤い山小屋、車山のレーダードーム、その向こうには穂高岳が見えます。

こんなに展望のいい道(しかも変わった風景が続く)だったとは!近所に住んでいて知りませんでした。びっくりです。コースはほぼ平坦なので疲れることもなく、木道が整備されていて歩きやすかったです。(但し木道は雨天時、雨上がりは若干滑りやすいので避けた方が無難かもしれません。)

森林浴展望台までは公称往復1時間コースということになっていますが、今回は景色を眺めながらゆっくり歩いて片道15分程でした。坪庭と森林浴展望台コース両方回って(写真を百枚位撮って)1.5時間ほどかかりました。皆さんも是非歩いてみてください。参考:ロープウェイの登山情報のページ
(これはペンション村HPに投稿した記事です)
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-19 20:40
2009年 06月 12日

梅雨の晴れ間のピラタスロープウェイ

梅雨に入りましたが、一日雨が降った後、早速梅雨の晴れ間です。ペンション村のHP取材用に乗車券を頂いたのでロープウェイに乗ってみました。
d0102327_1374986.jpg
標高1771メートルの山麓駅から2240メートルの山頂駅までグングン高度を上げていきます。
d0102327_12522422.jpg
車窓から左を見れば八ヶ岳と南アルプス。
d0102327_1256194.jpg
正面には中央アルプス。
d0102327_12565490.jpg
右を見れば、御岳、乗鞍岳、北アルプス。眼下には車山、八子が峰、新緑に包まれた八ヶ岳の樹林帯が広がっています。
d0102327_12574323.jpg
穂高連峰までよく見えました。写真だとぼやけてしまいますが、肉眼ではクッキリ。
d0102327_1250389.jpg
素晴らしい空中散歩です。
d0102327_12584685.jpg
ロープウェイの終点は溶岩台地の坪庭です。散策ルートは徒歩10分~30分ほど。花の季節はもう少し先という感じですが、気持ちの良い散策が出来ました。
さて、次回はお手軽な森林浴展望コースをレポートします。凄い絶景を望むことが出来る気持ちの良い散策路でした。(ペンション村ブログへ投稿したレポをこちらにも投稿してみました。エキサイトブログ同士だと、編集画面の本文をコピーするだけで移植出来てしまうんですね。)
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-12 13:18
2009年 06月 12日

サラダ街道とアルプス山塊の際を行く 1 清水高原と唐沢蕎麦集落

d0059441_23573699.jpg
日本アルプスサラダ街道は松本盆地の西の縁を走る県道、広域農道群です。アルプスグリーンロードとセットで塩尻から上高地方面への抜け道としてよく利用されています。
R158を突っ切って北上し、安曇野アートラインに繋いで大町へのアクセスにも使えますが、時間もかかりますし、集落の中を抜ける事が多く、凄い爽快な道という訳でもありません。のんびり一日かけて安曇野を探索するにはいいでしょうけど。
サラダ街道の地図 サラダ街道のHP
d0059441_23543865.jpg
スタート地点はここ、R19を塩尻から木曽方面に向かうと標識が出ています。
d0059441_0395869.jpg
最初はアルプスグリーン道路との供用区間。周囲はほぼ果樹園。秋に走るとリンゴが美味しそうな道です。
d0059441_002142.jpg
とはいえ、さほどのんびりした道ではなく、ジャスコの大型店もあります。

今回はサラダ街道と安曇野アートラインで松本盆地と北アルプスの境を探索してみました。
d0059441_024996.jpg
まず訪れたのが清水高原です。入口にあるのが唐沢そば集落。通り沿いには蕎麦屋の看板が立ち並び、十件余の農家型蕎麦店がひしめいています。
観光地型蕎麦屋というと、手打ちだかなんだか知りませんけど、二皿千円で、おやつにしかならない量だったりします。

・・・ていうか、蕎麦手打ちなんて大変でしょ、何百人分なんて重労働、機械で打って機械で切れよ、その方が合理的ジャン、って、私なんか思うわけです。じゃあ機械打ちがそんなに不味いのかというと、そんな差が出るとは思えない訳で。手打ちなんて付加価値、貧乏な自分には不要っす。
d0059441_083754.jpg

それはともかく、一軒の蕎麦屋に入ってみました。この店にしたのは、HPに量が多くて普通の値段と書いてあったからです。まあ、他の人のレポを見ると、唐沢そばはボリュームがあるようです。元々農家が来客に食べきれない程の蕎麦を出していたのが、そば集落の始まりのようですから。最初から観光型だったわけではない分、良い素朴さが残っているのでしょう。
d0059441_0241333.jpg
ざる蕎麦650円。量は大盛りってほどではないですが、普通よりは多め。結構食べ応えがあり満足です。味は薬味とかわさびとか入れずに半分くらい食べてしまったので、普通に美味しいと思います。極上とか、一味違うって訳ではありませんが、量も多めですし、値段も集落の中では安く(他の店だと二皿千円とかです)、CP高いと思います。
d0059441_0311982.jpg
蕎麦を食べ終わって、清水高原へ登ってみました。道は1.5車線の舗装路で、運転しにくくもないけど、さほど楽しくもない山道を淡々と登っていきます。走る楽しさはさほど無いかな。一番上にはスカイランドきよみずというお洒落なホテル見たいな施設がありました。その上は別荘地なのでUターン。少し戻って清水寺へ向かいます。寺までの最後の1km位だけ極細路で神経を使いました。
d0059441_0333295.jpg
清水寺というお寺があります。
d0059441_0335122.jpg
意外に凄い形態の展望台がありました。
d0059441_0342313.jpg
松本盆地を見下ろします。夜景なんかも綺麗そうです。
総合して、まあ、凄いところではないけれど、暇つぶし気分で訪れればいいかなというところでしょう。
その2へ続く
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-12 00:45 | ブログ的?
2009年 06月 05日

南相木ダム

長野県内でも行ってない場所、走ってない道がまだまだあります。
今回は南相木ダムに行ってみました。というか、なりゆきで行ってしまいました。
d0059441_6563627.jpg
南相木村、北相木村、ほとんど訪れたことがありません。長野県の秘境かと思いきや・・・
d0059441_6573448.jpg
意外にも県道2号線沿いは住宅が多かったです。しかも何故か大きな、それもビックリするほど大きくて新しいお屋敷が多い。交通量も絶え間なくありました。
佐久の巨大店舗が栄えているのは、こういう後背地が多方面に控えているからなんだと思います。しかし、どこから収入を得ているんだろう。(南相木村自体はダム収入で潤って地方交付税不交付団体となっている)
d0059441_722871.jpg
今回県道2号線を走ったのは馬越峠を走破してみたかったからです。しかし、こんな看板を見つけてしまいました。「南相木ダム」。そういえば、ふみたかさんが良いところだとおっしゃっていたような。
d0059441_7568.jpg
で、行ってみました。最初は二車線快走路。途中から1.5車線位になって、ガンガン登っていきます。結構いい感じ。但し時々ダンプが来ますのでブラインドコーナーは注意。
何故こんなに登るのか?こんな上に水が溜まってるの?と走りながら違和感を目一杯感じたのですが、南相木ダムは揚水発電のためのダムです。エネルギーを蓄えるため山の上に水を貯めているんですね。
d0059441_792916.jpg
ダムに到着。H17完成なので真新しい感じ。
d0059441_795437.jpg
水はトンネルを通って群馬県側の上野ダムに流れます。
d0059441_7182991.jpg
ダム堤頂部は日本一高い1,532mとのことです。高所感がちょっと不思議なダムです。
将来は世界最大の揚水発電所になる予定とのことで、首都圏の電力供給安定化の切り札とも言える存在と言えるでしょう。

遠方から訪れるほどのものではない気がしますが、秩父、関東山地エリアをよく巡る人や、東電の電気を使ってる人は、訪れてみるといいと思います。こんな所があったんだ!って思う場所です。
グーグルマップ、載ってません
d0059441_7281992.jpg
その後は立原高原でツツジを見て馬越峠越えをしました。
d0059441_7294886.jpg
立原高原までは超快走路でお勧めしたい道でしたが、そこから先は舗装狭路。同じ様なカーブを繰り返し、さんざん時間を掛けて隣村に出るだけ。「遠方に行く」感じが無くて、特に面白みは感じられませんでした。南相木村中心部~ダム~立原高原~南相木村中心部で元に戻るのが私のお勧めです。
下流側となる上野村の奥神流湖は何故かツーリングマップル2009には載ってなかったりしますが(何故か古いマップルには載ってる)、セットで訪れてみてもいいでしょう。なお御巣鷹山直下を通るトンネルは東電専用で一般車は通れません。
[PR]

by vtrmorita | 2009-06-05 07:41